アパレル検品や物流加工のアレコレ~知っとこ物流マスター~

商品価値を高める一手間

現価値向上の為の豆知識

靴

商品を流通させる物流において、ただ運搬するだけでは運搬費用のみでしか利益を創出することが出来ません。流通の中でも様々な加工を行うことで、商品の価値を高めることができます。これを物流加工と呼び、物流の中で最も利益を創出させる手段です。例えば、衣類を流通させる場合、ただ箱詰された衣類を運送しただけでは運送費しか収入はありません。しかし、物流加工としてハンガー掛け、小分け、タグ付けを行うことで、商社は人件費を削減できるため加工費として物流業者に加工費を支払います。つまり、物流加工することで運送費と加工費の収入を得ることができます。場合によっては、運送費の約2倍の収入になります。ここで、豆知識なのが物流加工も商社が嫌がる作業をやることがポイントです。商社は、販売員には販売業務に専念してもらいたいので、人件費がかかる作業を嫌います。これを物流業者が物流加工としてやることで収入を大幅に増やすことができるのです。

作業における注意点

物流加工は商社が嫌がる作業をやることで利益を出します。しかし、もちろん注意点はあります。商品に加工をする為、傷や打痕は付けた時点で商品の価値がなくなります。その為、厳重な取り扱いが要求されます。例えば、衣類で言えば、汚してしまったり、不注意でハンガーを引っ掛けてしまった時点で商品の価値は『0』です。仮に商社に卸してしまった場合、それこそ、物流業者としての信頼を失います。物流加工を行う場合はそれくらい取り扱いには注意が必要です。具体的な対策としては、作業者への教育の徹底、清潔な手袋・衣類の着用の義務付けなどを行い物流加工に携わせることで問題を減らすことができます。しかし、あまりに徹底すると人件費が掛かり、物流加工する意味がなくなる恐れがあります。そこは収支のバランスを見極める注意が必要です。